bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

AMERICAN UTOPIA

先日、楽しみにしていたSpike Lee監督の映画『DAVID BYRNE'S AMERICAN UTOPIA』が公開され、さっそく初日に見てきました!

 

www.youtube.com

 

David Bryneに関しては、不思議なことに特にこのBlogでとりあげたことがなかったと思うけれど、Bowieとの接点、Brian Enoくらいかな?と思っていたら、今回調べてたら色々出てきて面白かったので、ちょいとまとめておこう。

 

David ByrneTalking Headsや『My Life In The Bush Of Ghosts』はもちろん好きだけど、2008年のEnoコラボ作『Everything That Happens Will Happen Today』が好きで、2018年に久々に二人がコラボした同名タイトルのアルバムが出た時もまっさきに聞いておりました。
とにかく『DAVID BYRNE'S AMERICAN UTOPIA』は「明るい!!」という印象だったのだけど、これ、むしろBrian Enoの明るさなんじゃないかな、とまで思ったりしながら見ていたけれど、とりあえずByrneとBowie周辺の歴史を追ってみると…

 

1973年11月 Fripp & Eno『(No Pussyfooting)』発売

1975年12月 Fripp & Eno『Evening Star』発売

 

1976年6〜9月〕フランスで『Low』のレコーディング。808の公演後にEnoも合流

9月末〕Bowie、ベルリンへ移住。EnoやIggyもベルリンへ

 

1977年1月14日 BOWIE『LOW』発売

3月〜5月〕Bowie、Iggyの世界ツアーにキーボーディストとして同行(前座はBlondie

6月〕Eno、『Cluster & Eno』、『After The Heat』及び『Before and After Science』のレコーディング

6月〕Bowie、ハンザスタジオでIggy『Lust for Life』のレコーディング

8月〕Bowie、Eno、ハンザスタジオで『Heroes』のレコーディング(Guitar: Robert Fripp)

10月13日 BOWIE『Heroes発売

10月〜1978年2月〕Devoのレコーディング

 

1978年3月〜6月〕BOWIE ISOLAR II ツアー(Guitar: Adrian Belew)

3月〜4月〕Eno、『More Songs About Buildings and Food』、『NO NEW YORK』のレコーディング

7月14日   TALKING HEADS『More Songs About Buildings and Food』発売。

8月〜9月〕スイスに移住し、『Lodger』のレコーディング(Guitar: Adrian Belew)

8月28日 DEVO『Q. Are We Not Men? A. We Are Divo!』発売

11月 V.A.『NO NEW YORK』発売

11月〜12月〕BOWIE "The Oz Tour(ISOLAR II ツアー)”(Guitar: Adrian Belew)

 

1979年 3月『Lodger』のレコーディング続き

Eno、NYに移住

4月22日〜5月6日〕Eno、『Fear of Music』のレコーディング(Guitar: Robert Fripp)

5月18日 BOWIE『Lodger』発売

5月〕Bowie、NYに戻る。Greek TheaterのTalking Headsのコンサートへ

後日、Nicoの仲介でDavid Byrneと出会う

8月3日 TALKING HEADS『Fear of Music』発売

5月〜1980年7月〕Eno、『My Life in the Bush of Ghosts』のレコーディング

12月〕 Bowie、サタデーナイトライブにクラウス・ノミと出演

 

1980年2月〜3月〕 Bowie、『Scary Monsters』のレコーディング(Guitar: Robert Fripp)

7月〜8月〕Eno、『Remain in Light』のレコーディング(Guitar: Adrian Belew)

9月12日  BOWIE『Scary Monsters』発売

10月8日  TALKING HEADS『Remain in Light』発売

11月〜1981年4月〕TOM TOM CLUB レコーディング(Guitar: Adrian Belew)

 

1981年2月 Eno&Byrne『My Life in the Bush of Ghosts』発売

10月  TOM TOM CLUBTOM TOM CLUB』発売

 

 

というわけで、Bria Eno先生以外のキーパーソン達。

 

Robert Fripp(ギタリスト)

f:id:ainocorrida:20210606160758j:plain

 

1967年にキング・クリムゾンを結成。1973、75年にはEnoと共同アルバムを発表。Bowieの『Heroes』『Scary Monsters』に参加。また、Enoを介してTalking Headsの『Fear of Music』に参加後、1980年のソロアルバムのボーカルにDavid Byrneを起用。

www.youtube.com

 

 

Adrian Belew(ギタリスト)

f:id:ainocorrida:20210606162223j:plain

1977年にフランク・ザッパのバンドに参加。そのライブを見たボウイから声をかけられ、1978年のボウイの世界ツアーに参加。Enoを介してTalking Headsの『Remain in Light』、Tom Tom Clubのレコーディングやライブにも参加し、キング・クリムゾンのメンバーとなる。

 

www.youtube.com

 

 

Toni Basil(ダンサー、女優、振付師)

f:id:ainocorrida:20210606155257j:plain

f:id:ainocorrida:20210606155315j:plain

 

Bowieの企画していたミュージカル『1984』で振付を依頼されていた。その後、グラススパイダーツアーで振付を担当。Talking Headsの「Once in a Lifetime」の振付のみならず監督も。www.youtube.com

 

 

さてEnoを介して(も介さなくても)、互いに同じ時代に同じように英米以外の音楽に耳を開いていたDavid BowieDavid Byrne

グラム時代のボウイのことは遠目に見ていたバーンも、Enoとコラボした『Low』には影響を受けたことをインタビューで語っている。

faroutmagazine.co.uk

 

もちろんBowieも影響を受けており、「DJ」は明らかにByrneの歌唱をまねている。

youtu.be

 

親しい間柄というわけでは全くなかったようだけれど、Bowieは1996年に「ロックの殿堂入り」を果たした際に、プレゼンターをByrneに依頼。

www.youtube.com

 

 

そして2016年の「ロックの殿堂」では、ボウイの追悼パフォーマンスとして「Fame」を演奏。

 

www.youtube.com

 

2018年1月13日のNYで開かれたThe Radar Festivalでは、「Heroes」を。

www.youtube.com

 

 

こうしてByrneがBLM運動がシリアスな問題である中、作り上げたステージの映像が、より切実な光に思えるようになったコロナ禍の2021年。

ボウイならどうしてたかな…とどうしても考えてしまう。

 

 

 

DOMMUNEの「American Utopia」特集のアーカイブが面白かった!

www.youtube.com

SEEDS in KYOTO

また長く空きました。

しかし前回書いたボウイ生誕祭の頃から状況全然良くなってなくて愕然!!

最近出た戦メリLINEスタンプに大島渚の「君たちはなぜ怒らないのか」というのがあるけれど、この言葉がもうずっと脳内ぐるぐるしてる。

 

しかし5 YEARSということで、いろいろと企画はあり、まず4月には鋤田さんのボウイ写真展「 時間〜TIME BOWIE x KYOTO x SUKITA」が京都駅ビル内の「美術館えき」にて開催。

 

f:id:ainocorrida:20210408173922j:plain

 

何気なく見に行ったつもりだったのに、入ってすぐの大きなボウイに見つめられて、早くも胸がいっぱいに。1980年、京都に長く滞在していたボウイに呼ばれてやってきた鋤田さんは、ボウイの運転する車であちこちまわったらしく、たくさん写真が残っており、その場所を突き止めて、巡礼したこともあった。

ainocorrida.hatenablog.com

 

あれから古川町商店街のうなぎ屋さんも閉店し、私が電話ボックスの場所を突き止めた時に目印にした向いの建物も更地になり、三条の桃源郷の店跡もなくなり、ボウイの居た京都の町並みは少しずつ変わってはいるけれど、1枚1枚の写真に「ボウイが京都に居た」ということがすごく感じられ、涙目になった。最近鋤田さんが京都で撮った写真も飾られており、こちらはわざと色を濃くしたと本人が言ってたけれど、デジタルの風合いが妙に不自然で、白黒ボウイ写真との落差が面白かった。

ありがたいことに、招待券をさらにたくさんいただいたので、会期中、まだ何度か行くぞ!と張り切っていたところ、緊急事態宣言のせいでこのmuseumが入っている伊勢丹が休業になってしまい、この展示もまだまだ会期を残したまま閉幕…涙

 

しかしもう1つ。

大島渚の『戦場のメリークリスマス』と『愛のコリーダ』の4K修復版、全国上映!
東京大阪ではいま映画館が休館してしまったせいで、上映が止まっているようだけれど、京都は休業補償対象にならない小さな映画館、京都シネマなので、上映中。

私は初日から少数配られるといる戦メリポストカードを狙って、敢えて大津アレックスシネマの方へ二日目に行ってみたのだけれど、とっくに配布終了していた…。そう、いまシネコンは閉まっているし、他も軒並み閉まっているせいで、ミニシアターがいつもより人が多い感じがしている。とはいえ、50%座席販売などの工夫と、そもそも黙って座ってるだけの映画館、全然OK。これでまたミニシアターまで閉まったら、私、終了…。

f:id:ainocorrida:20210508144351j:plain

 

琵琶湖のほとりで見た戦メリは、最後のハラさんが収容されている場所が実は海の近くで、砂浜のような地面の場所で、終始波の音が聞こえていたことを、初めて強く意識させてくれた。

もう何度も見ているので(上映会も、映画館でも)、教授の化粧に笑ったり、三上寛がボウイをぼこってる!っていうか内田裕也!!とか、そーゆーとこツッコんで笑う段階は終わっていたけれど、いびつで不自然な映画だからか、いつ見ても新鮮。
大島映画の中でMy best作ではないものの、これはやはり奇跡の映画だなあ。
ボウイの役は最初ロバート・レッドフォードに打診していたみたいだけど、ちょっと想像できない。さらにたけしと教授の役は緒形拳滝田栄に決まりそうになっていたけれど、NHK大河ドラマ峠の群像』に出るために降りたとのこと。

(余談ながらいま少年隊にハマっている私は始動したばかりのニッキのファンクラブにもさっそく加入したのですが、昨日、その生配信ラジオで、かつてニッキも『峠の群像』に出たために、レッツヤンのサンデーズは降りた(かっちゃんはそちらに)という話をしていて、時空が繋がった。

 

f:id:ainocorrida:20210509135017j:plain

気づいたら色々戦メリ本が集まっていたので、来週、京都シネマにもう一度見に行くまでに読もう。この映画は製作裏話がすごく面白い。まだレッツダンス前のボウイ、まだ映画監督になるなんて誰も思わなかったたけし、これが映画音楽初挑戦になった教授…当時は、出演が決まった段階、撮影中など、たけしがその裏を伝えていたんだろうなあ、というのを思うと、映画製作自体がお茶の間、ラジオリスナーなど多くの人に見守られていただろうし、いざ公開されたときもセンセーショナルだったんだろうなあ、と想像。80年代の狂騒。

 

戦メリを久しぶりに冷静に見て思ったのは、ハラキリが名誉の日本人は「恥」を恐れる思想を抱き、西洋人は「罪」を恐れているということがわりとハッキリ描かれていて、それはそのままヨノイとセリアズの対立になるのだけれど、その中間地点にいるのがロレンスとハラ。おそらく80年代の観客はきな臭い現在以上に、ヨノイ的な価値観を否定することが当然という雰囲気に生きていただろうし、今の私にしてもヨノイ側に共感するところは1ミリもなくて、1945年を境にひっくり返った価値観の差に改めて驚いたりもする。

まあしかしほんと変な映画なので、いろんなことを言い合えるのが面白い。

 


最後のシーンを描いてみた。

ホントはこのシーンの背景はこんなに広くは映らないのだけれど、キスシーンの前にセリアズが言う「ここは美しい場所だ」というセリフが今回、印象的だったので、広めに眺めてみた。

f:id:ainocorrida:20210508235037j:plain

 

 

BOWIEの撒いた種(戦メリの原作タイトルは"The Seed and the Sower")は、本人が不在でも、京都でしっかり芽吹いてる。

 

FIVE YEARS ★

Dear David

 

Happy Birthday.

It's been five years.

How are you doing there?

We will be OK with YOU.

 

January 2021

 

f:id:ainocorrida:20210110150538j:plain

 

 

5年前の衝撃の日に想像した未来とは全然違う2021年1月。

ヨーロッパにIvo × ナウエルさんの舞台も見に行けず、いろんなことができないでいたら、ヤクザ映画と少年隊にハマってしまいました。

Bowieは相変わらず側にいて心強いと思っているけれど、彼なら、いまの世界にどんな作品を作ったかなあ。

 

この5 years記念で、ミュージカル「LAZARUS」の配信があり、朝4時からのチケットを間違って買ってしまったため、ほとんど頭が働かないままで見た一度目。

今度こそ、と24時から見た二度目。

結局二度目も途中から眠気との戦いになってしまったけれど、予想していたより全然面白かった。台本読んでるだけじゃ人物像は全然分からなかった。

 

24時間配信が遅れたマイク・ガースンらのセレブレーションコンサートも楽しんだ。

なんて良い曲ばかり。

珠玉のパフォーマンスで聞くと、あれ?これ全部Bowieがやってたのか、とんでもないなあ、と気づく。

 

 

 

 

 

With DB

今年の1月は夢みたいな楽しみが詰まった2020年に戦慄していたけれど、半年経ったいま、総ては夢だったと判明。ヨーロッパに観劇に行く予定だったのもなくなり、ナウエルさん×イザベル・ユペールの来日もなくなり…

その間、現実逃避的に語学に励んだりしているけれど、現実ではがっかりなことばかりなのに、前向きな言葉ばかり口にしたり書いたりしていることにさすがに疲れてきた。でもこの気持ちをどう発散したらいいの?

 

 

という最近。

Bowieの声の明るい色を聞くと、あの笑顔が浮かんできた。

そしてちょうど前野健太さんのラジオで紹介された、詩人・絵本作家の片山玲子さんのエッセイ「ジギー・スターダスト」(『惑星』港の人、2019年)に泣かされた。

 

 

デヴィッド・ボウイの歌う声のわずか一秒の音の波の中に、わたしのやりたいことの総てがあると思ったことがある。

 

 

という部分を前野さんは朗読し、こんな風に片山さんに書かせたボウイに嫉妬する、と言っていた。

わかる。

「一秒の波」というのが凄い。永遠と瞬間をつないでる。

 

 

はかなさと永遠が結婚して生れた子どものようなひと時。大きく広く、わたしをとりまく総てのものに向かっている「好きになる」という感情。ボウイはそういう気分をかりたててくる。

 

 

これも大きくうなずいた。

この世界への好奇心。何かを面白いと思えることが嬉しい。

あの笑顔が共鳴してくれる。

 

 

このエッセイの話を友人Kにも伝えた。

Kは音楽や映画など、わたしと好きなものが似ている。

そしてこれまでもボウイに関してはいつも反応が良かったので、興味あるかな?と思ったら、感動してくれて、かなり「はまって」くれた。嬉しい。

 

 

私の新しい部屋にも変わらずにボウイコーナーは作ってあるし、まだ拡大している。

ボウイがいれば大丈夫。

 

f:id:ainocorrida:20200704180451j:plain

 

Au revoir là-haut

この半年、ちっとも書いてなかったbowie noteですが、いつもBowieの音楽は側にあります。

David、お誕生日おめでとう!!

4年前の朝、『★』をやっと聞けることを楽しみにしながら、朝日新聞朝刊で告知された「DAVID BOWIE IS」展の告知に歓喜したあの日、どれだけ幸せだったか。

f:id:ainocorrida:20200108233040j:plain

 

あれから4年たってもあなたにはもらってばかり。

Ivo van Hove演出の『ガラスの動物園』が9月に新国立劇場で上演されるというニュースを頂き本当に感謝。

誰にありがとうを言っていいのかもうよく分からないので、David、あなたに言います。

ナウエルさんを日本に呼んでくれて、ありがとう…

 

 



 

Bowie "constellation"

今年はBOXセットのことが聞こえてこない。

Space OddityなどのEPボックスが4つ?ほど出たからパスなのか、あるいは本当にもう終わってしまったのか…

という2019夏ですが、Bowieを聞いてます、ここ数日。

 

 

Bowieの「つなげる力・つながる力」ってホントに格別凄いと思ってるけれど、先週はホントにびっくりした。

というのは、私がこの5月からドハマリしているアルゼンチンの俳優、Nahuel Pérez Biscayart氏が、パリのオデオン座で来年春に舞台"La Ménagerie de verre(ガラスの動物園)"に出る、というニュースをよくよく辿ってみたら…

なんと、演出がIvo van Hove...

 

このナウエルさんことNahuel Pérez Biscayartについては、好き過ぎてもう日々、Nahuel noteで情報をまとめているのですが、まさかこんなところでBowieに繋がるとは全然想像できてなかった。

パリが3〜4月、クレルモン・フェランとアントワープでも5月に公演があるので、なんとしても観に行くつもりです。

 

f:id:ainocorrida:20190814153826j:plain

 

 

 

それにしても私の特に好きなものを布置していくと、Bowieを真ん中に置くしかない、というか、Bowieがいれば私の見ている世界はホントに繋がるなあ…

 

 

 

DAVID BOWIE in RUSSIA

しらーーーーっと半年ぶりに書きます。

この半年、BOWIE熱は高め維持なんですが、なかなか書けないまま…

ボウイ生活を振り返ってみると…

 

1月)Ziggy Stardust映画をZeppで見る。

  『地球に落ちてきた男』原作を読む。

2月)吉田寮で『三文オペラ』を見る。

      ブレヒト繋がりで「水死した娘の歌」のこと、ローザ・ルクセンブルクのことを調べようとしていたところ、イギリス映画『God's Own Country』にドハマリし、脱線。

3月)映画『ノーザンソウル』を見て、Bowieとノーザンのこと調べようと思いながら、放置。

4月)映画『ビサイドボウイ』を見る。これはとても面白かった。

   本気の十連休。隣のロシアこと、ウラジオストクへ小旅行。

5月)映画『BPM ビート・パー・ミニット』にドハマリ。主演のNahuel Pérez Biscayartにもドハマリ(現在進行形)。

6月)久しぶりに七尾旅人のワンマンへ、京都磔磔。Diamond Dog Tシャツを着ていき、「David Bowie on the Moon」を聞く。

 

という感じでした。

特筆すべきはウラジオストク、もちろん。

元々気になっていた街だし、たぶんBowieも訪れたのではないかと推測。

ジギーツアーで横浜港を出て、シベリア鉄道でイギリスへ、という何となく情報は共有されていたけれど、調べて見ると、ちょっと微妙。

というのは横浜を出たフェリックス・ジェルジンスキー号が着いたのはウラジオストクではなくナホトカ港。

こちら↓↓↓に詳しい。

jp.rbth.com

 

確かにナホトカからシベリア鉄道に乗るなら、車か何かで移動して、最寄り駅は「ウゴリナヤ」。

f:id:ainocorrida:20190624165950j:plain

 

きっとウラジオストクまで一旦行っていたのではないか、という推測は当たっていて欲しい…

 

というのも今回私はウラジオストク国際空港からウラジオストク駅までアエロエクスプレスに約1時間だけ乗ったのだけど、これはウゴリナヤは上記のように通らない。

シベリア鉄道の端っこ、Bowieの通った線路を辿ったと信じたいので、ウラジオストクでのボウイの足跡が欲しかったのだけれど…

 

空港駅。これに乗りました。
f:id:ainocorrida:20190624161938j:plain

 

列車は二重ガラス。

いかにもロシアの農村風景を抜けると、海沿いを走り、とても景色が良い。

f:id:ainocorrida:20190624162054j:plain

 

今はウラジオストク駅はアエロエクスプレス用に専用駅を設けているけれど、シベリア鉄道の方はこの豪華な駅舎。最近改修してきれいになってしまってる。

f:id:ainocorrida:20190624162058j:plain

 

Bowie、というかZiggyシベリア鉄道旅は20世紀で一番ロマンチックな旅の一つに思える。

www.barks.jp

 

 

こちらの記事ではその後のBowieとロシアの関係も。

www.rbth.com

 

1)『The Next Day』のインスピレーションは現代ロシア史。

…確かに「I'd Rather Be High」にはナボコフが出てきた。

2)ボウイはロシアを3度訪問している。

…上記の1973年4月~5月、次はIggy Popと一緒に訪れた1976年4月。最後は96年のモスクワでのコンサート。

など。

 

 

初めてのロシアは妙にリラックスしたし(私が東欧の雰囲気に慣れているせいか)、絶対そのうち私もシベリア鉄道を横断したいと固く誓った帰り道、乗り換えのインチョン空港で聞くBowieの音楽はとても胸に染み、地球、楽しい、と謎に規模の大きなことを感じたのでした。