bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

ROCK'N' ROLL 80S

ギラギラ日差しを浴びながらバイクで走っていると、ついプリンセスプリンセスの「世界で一番暑い夏」を口ずさみ、おいおい、世界一とか言ってたけど、あの頃(87 年?89年?)こんなに暑くなかったし!!苦笑

って、しょうもないことで自嘲する夏。それが2018HOT SUMMER。

 

最近は暫く離れ気味?だった日本の音楽を掘ったりしてて、というか、ついにカーネーションの素晴らしさに目覚めたり、ですが、半年前に開催されて行きたくて行けなかった細馬さんのボウイレクチャーが文字になってて、まだ前半だけだけど、面白くてわくわく。

 

modernfart.jp

 

ボウイの詩を「書かれたテキスト」としてのみ読むだけでは完全な片手落ちだと思っているけれど、歌詞であること、あの声で発音され、身体の動きも伴っていて、それを目と耳で我々は受容していること、というのをちゃんと踏まえて論じてるのって細馬さんくらいしか見あたらない。後半も楽しみ。

 

とはいえ、やはり細馬さんも我々も、分析できる対象は「映像」のみ、今となっては。

もちろん当時の映像以外の記録や証言もあるけれど、やはり片手落ちだな、と思ってしまうのは、私が6月に岡村ちゃんのライブを最前列ど真ん中で体験してしまったから。あれは聴覚・視覚って区分すら超えたものだったので、どうやっていま自分の記憶に残ってるのか、本当に謎。はっきりと覚えている「絵」が全然ない…「時間」がない。

視覚障害の人の記憶ってどうなってるんだろう?って思ったこともあったけど、今ならけっこう想像がつく。アレなんだ。混沌としたあの感じだ。

しかし他人とも共有不可能なので、アレを論じることはきっと無理なんだろうな。

 

 

ところでMOJO(右下)を買って、

f:id:ainocorrida:20180721144501j:plain

 

この特集ってことは…って思っていたら、ちゃんと今年も箱が出るようで!

詳細はちゃんと見てないけど80sが無視されなくて良かった!!!!!!

 

 

f:id:ainocorrida:20180721150239j:plain

 

 

Ballet Mecanique

しらっと再開。

 

先月、初めて北野武ソナチネ』を見た後、紆余曲折して、坂本龍一プチブーム。
(沖縄つながりってのが最大の理由)
坂本さん、これまでけっこう距離を保って聞いてた。
けっこう音源も持ってるし、ソロライブとYMOのライブを1回づつ見たことはあるけど。
ただ先日、映画館で見たドキュメンタリー映画CODAでは、すごく無邪気に「いい音」を探して喜ぶ姿に少し印象が変わった。
北極の氷やNYの庭の雨の音、そして津波の被害を受けたピアノ。

それからyoutubeで漁ると、CDで聞いてるだけじゃ知り得なかった(いや、あのソロアルバムでの顔ジャケ連発は普通じゃないと思ってたけど)、ミーハーさというかスノッブさが滲み出てて、けっこう衝撃。


RYUICHI SAKAMOTO OKINAWA SONG in Pari


たぶん、リアルタイムだと「うーん」ってなってそうだったけど、いま、一周して?面白い。


高校生の頃に毎週見ていた「土曜ソリトンSIDE B」のYMO特集も今見ると新鮮。
YMOデビューから18年たった1997年の放送は、今から21年前。


YMO 特集ソリトン

 

高野寛やテイトウワ、スカパラ青木さんら、モロYMOチルドレンたちが出てくるけれど、
彼らの世代にとっての「イケてる」「イケてない」の判断基準を作ったのがYMOって話が納得。
私にとってその役割はFlipper's Guitarだったのだけど。


掘っててもう一つ驚いたのは、アルバム『未来派野郎』収録の「Ballet Mecanique」のボーカルがバーナード・ファウラーだったこと。


坂本龍一NEOGEOツアー Ballet Mecanique

 


坂本龍一 MEDIA BAHN LIVE 「Ballet Mecanique」

 

「Ballet Mecanique」は岡田有希子への提供曲「Wonder Trip Lover」のセルフカバーで、後に中谷美紀が「クロニック・ラブ」として歌った曲。


バーナード・ファウラーと言えば、アール・スリックがDavid Bowieの『Station Station』再現ライブをやったときのボーカルで、その後のマイク・ガーソン率いるBowieトリビュートライブでも何曲もボーカルとってた人。
こんなつながりがあったのか〜〜


Celebrating David Bowie - Diamond Dogs

ECD

あんなに夫婦の本を発売日すぐ読んだりSNSをフォローしていたから状況はわかっていたつもりだったのに、なぜか近くない未来の話だと思っていたようで、雪の朝の不意打ちだった。

これから世界で起こることに対するECDの反応を、もう参照できなくなってしまった。

新刊はもう出ない。

だけど、実感がわかないし、まだTweetが流れてきそうな気がしている。

 

私がBowieにハマったのは、信頼するECDのこのTweetがきっかけだったことは、彼に感謝していることのほんの一部です。

ありがとう。

 

 

ainocorrida.hatenablog.com

Come on Let's Dance

私は間違いなく小室チルドレンだけど、TKではなく、City Hunter世代。

小学校高学年から中学の間は、何よりもまずTM、なかでも小室哲哉のファンだったので、TMNが「終了」するあたりまでは、子供ができる範囲で細かく細かく追いかけてた。

そして世に訪れるTKブーム。

こう言って良ければ、『Let's Dance』の大ブレイクでBowieから離れたBowieファンのごとく、私も小室離れをしたのでした。

もちろん自分から聞こうとしなくても耳には入ってくるし、その後もわりと好きな曲もあるんだけど、でも80s小室サウンドに対して持っていた夢のようなときめきは、もうなかった。

 

このブログはBowieブログなので、Bowieと小室、なんか接点あるかな〜〜と思ってちょっと検索してみたりしたけど、あんまりないんですね。

強いてあげると、私の知らなかったこの曲のジャケットで、アラジンセインのTシャツを着ているとか、

f:id:ainocorrida:20170601184928j:plain

 

ミックスアルバムの『DRESS』で、ナイル・ロジャースが1曲やってるとか、

f:id:ainocorrida:20180120214124j:plain

 

もうないかも…。

むしろPrinceのほうが、影響力あったのが今ならわかる。

強いて言うと、TMはアルバムごと、ツアーごとにコンセプトがしっかりあって、音もガラッと変わるので、BowieのChangesに私は違和感がなかったのは、TMのそれに慣れていたからかも。

 

そもそも小室の「初めて買ったレコード」がT.REXの『Slider』だってあたりから、ちょっとずつBowieとはズレてて。

(彼の仲良い従姉妹がBowieファンだったみたい)

 

f:id:ainocorrida:20180120202108j:plain

 

 

親から「クラシック」しか聞かせてもらえなかった子供にとって、唯一聞けるクラシック以外の音楽はアニソン。

おかげで出会えた「Get Wild」は、それまで聞いたことのない音楽でびっくりした。

クラシックのような流麗、豊かなメロではなく、同じ音が同じ長さと強さで連打されるだけなのに、あのキラキラした音で奏でられると、子供ながら初めて「せつない、やるせない」という言葉で表すものがあることを知ったような。

どこかいびつで、ギリギリで、今から見れば永遠のB級ぽさがあるというか、けっしてメインロードにいない感じが好きなんだけど、そういう嗜好がけっきょくその後の私の裏道人生の基礎だったのかも。

90年代になって小室を卒業して、渋谷系に入学し、また耳が広がっていくのだけど、私の根幹に小室さんがいたから、Bowieに出会うのが遅れたのかもなあ〜と思ったり。

 

思いを巡らすほどにTKとDBは遠いけど、Let's Danceな「大ブレイク」を重ねあわさせてもらうなら、その後ぽしゃって(?)復活し、だけどまた沈黙し復活(TND)というあたりのところを小室にも期待できる気がしてくるので、そうします。

 


Come on Let's Dance

 

YEARNING

f:id:ainocorrida:20180108105541j:plain

 

これは1/8に『Blackstar』発売記念日、と思って飾ったものなのに、祭壇みたいになってしまった…

 

2016年は初めてリアルタイムで聞いたニューアルバムもあったし、濃い〜Bowieライフを過ごしてた気がします。

しかし2017年となると、新年早々のBOWIE IS展に始まり、ボウイよりむしろ可視化されたボウイファンたちに揉まれた感じがあって、どんどんBowieとの距離は開いていっており、この2年目の日にも、実は何の感情も持てなくなってました…。

CDプレイヤーが壊れてて(一度修理から戻ってきたけどまた壊れ、再修理中)、『A NEW CARREER IN A NEW TOWN』がほとんど聞けてないこともあるけれど(もちろん聞いた範囲ではめっっっちゃかっこよかった。ファンチャット大会しながら聞いて超楽しかった)。

そもそもずっと私の人生にいなかった(いや、いなかったと思ってたらずっとそっといたってことが重要なんだけど)人なので、いないことのほうが自然にも思えたり。

(いや、本当はBowieに限らず、ちょっといま何事においても私が熱を失ってるのが問題。ときめきよ、カムバック…)

 

などなどつぶやいている1月ですが、やっと話題のサイモン・クリッチリー『ボウイ』を読みました。

f:id:ainocorrida:20180113204105j:plain

 

文章自体は読みやすいんですが、いやあ、ひっかっかるひっかかる…

んで、原書や『ダントンの死』とか買っちゃう。

でもだんだん、ひっかかってもいいし、ひっかかからなくてもいい、そういう本なんだ、ってことがわかってきました。

どっちかというと引き算でできた本。

ベンヤミン的な意味でのエッセイ的な。

最近他のファンの方々とBowieの「Nothing」と「Everything」について話していたので、ちょうどそれが最たるテーマとなっていたり、共感するところも多々。

また、「あこがれ」というテーマで1章書かれた後、次の章は「リアリティ」が出てきて、そこはもっとつなげても語れるだろうトピックだろうに、あえて分けたままにしていることとか、たくさん読者に話題を投げかけながら進んでいく。

 

その「あこがれ」だけど、原語では「yearn」が使われていた。

英語の「yearn」のニュアンスが私はよくわからなくて、ドイツ語だと「Sehnsucht」という「見る・会う」+「欲求」という複合語なので、逆に今は「見る・会う」ことが叶っていない状態なのかな、と想像できるのだけど、英語のyearnは私の思っている日本語の「あこがれ」という語とどこまでリンクしているだろう。

訳者の田中氏はあとがきで「愛(あこがれ)」とルビをふっていて、それもナルホドとは思う「yearn」の解釈で。

 

ともかく、私のあこがれはBowie本人には実はあまり向かってない。

クリッチリー氏のように、Bowieに「手を差し伸べられた」と感じられているのか、我ながら疑問だし、そのように差し伸べられたと思えるファンとBowieの関係にこそ「あこがれ」ている気がする。

ということは私はその状態ではないのか。

でもBowieがあこがれていたもの(それって世界そのもの?)には私も彼と同じ方向を向きながら、「ほんとだ、おもしろいね!!」とは確実に思えている気がする。


David Bowie • My Death

AT LAST I AM FREE

大晦日、紅白は安室ちゃんだけ生で見て泣いてました。

f:id:ainocorrida:20180102211739j:plain

 

安室ちゃんは90年代の全盛期は自主的に聞くことはなかったし、ライブに行ったこともないけど、独り立ちしてからは気になる存在で、近年はアルバム出るたびにチェックして聞いたりしてて、引退宣言はそれなりにショックで、先日にNHKのインタビュー番組も観てました。

彼女の夢や野望は「歌って踊るのが好き」という女の子が抱く範囲の「普通」のことなんだけど、かわいすぎる容姿やまっすぐな意思と圧倒的な華でスターに押し上げられ、プレッシャーの中でCDの売り上げを伸ばし、そこから一人で自分をプロデュースしろ、と言われて戸惑い、楽しさを見つけてがんばってきたけれど、純粋にやりたいことは時代を読みながら戦略を考えるプロデュースではなくて、「歌って踊る」ことなので、ほんと大変だったんだろうな〜と、いうのが番組の感想。

岡村ちゃんは完全自己プロデュースしなくては、という思い込みで突っ走ってきて、苦労した果てに、音楽以外はすべて他人まかせ、という今の自由を手に入れて、本当によかった)

 

紅白で歌った曲はNHKのリオオリンピックの公式テーマ曲になっていた「Hero」。


安室奈美恵「Hero」NHKオフィシャル・ミュージックビデオ

 

泣いちゃって最後歌えなかった産休復帰後の紅白を生で観ていた記憶が生々しくあるので、どうかしら、と思っていたら、すべてを大事に見事に歌い切ってからの笑顔と涙だったので、ぐっときてしまった…

余談というか、このBLOG的には本道だけど、オリンピックで「Hero」というと、すぐ思い出すのはロンドンオリンピック開会式のイギリス選手団入場で使われた「”Heroes”」(3:04:09くらいから→ The Complete London 2012 Opening Ceremony | London 2012 Olympic Games - YouTube )を思い出す。

 

というわけで、安室ちゃん、この9月で引退すると、「自由」を得るのかな。

 

 

さてさて。

少し前に、なんとなくRobert Wyattブームが個人的にやってきてました。

いろいろ聞きつつ、Enoはともかく、Bowieとは何か絡みはなかったのかな、とググってみると、ほうほう、直接的な話はないけど、2003年にBowieが愛聴アナログレコード25選というのをやったらしく、その1枚が、Wyattのシングル盤だった、というのがわかった。

ボウイが愛聴したアルバム(ヴァイナル盤)×25枚|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

f:id:ainocorrida:20180102215208j:plain

 

私がWyattを初めて知った時にはYoutubeはなかったので、こうしてライブ映像が見られるのがとても新鮮。


Robert Wyatt - Shipbuilding.

 

さて、このシングルが収録されているのはWyattの『Nothing Can Stop Us』(1982)というアルバム。改めてこのアルバムを聴いていて、心奪われたのは、2曲目に入っている「At Last I Am Free」。

これ、Chicのカバーだってこと、初めて知った!!!


Chic "At Last I Am Free"

 

 

「At Last I Am Free」、やっと私は自由に、というタイトル。 

Princeにおける「free」はもぉんのすごく究極的に肯定的な意味のある言葉だと思うので、「本当は…」とか裏の意味を疑えないような、絞り出した果てのような、大事な言葉だと思うのだけど、この歌詞ではどうだろう…

ナイル・ロジャースによると、実際はブラックパンサー党の大会で警察に暴力を振るわれる中から逃げ出してきた時の心情を歌っているらしい。

VOL.2 Nile Rodgers | 100年 MUSIC featuring Artist | 100年 MUSIC

 

"AT LAST I AM FREE"

 

At last I am free

I can hardly see in front of me

I can hardly see in front of me

 

I'm lonely, please listen 

To what I say

I can't go on

Livin' Life this way

I've tried and I've tried

Oh, to make you see

You call this lyin' my friend

It just can't be

 

At last I am free

I can hardly see in front of me

I can hardly see in front of me

 

I'm lonely, please hold me

Come Closer, my dear

It feels so good

Just havin' you near

But who am I foolin'

When I know it's not real?

I can't hide

All this hurt and pain

Inside feel

 

At last I am free

I can hardly see in front of me

I can hardly see in front of me

 

 

歌詞が書かれた動機は複雑だけど、この歌詞だけみると割とストレートな愛の歌。

このリフレインの

「やっと私は自由

目の前がほとんど見えない」

は、以下の歌詞をみると、恋人と別れる際の涙で前が見えない様子のように思われ、自由というよりは、日本語でも「彼氏彼女がいない」という意味で使う「フリー」と同じ意味で受け取ることができる。

そう、この「free」は手放しで喜ばれてはいない。

涙で目の前がかすみながらの、「自由」。

愛が束縛なら、自由に愛はないのか。

自由になんてなりたくない、と、そこまで読み込んでしまったりするのも容易。

 

と女性ボーカルだったchicでは、こうして下世話な恋愛話をイメージしてしまうけれど、Wyattの絞り出すような声で歌われるver.を聞くと確かに「Free」は「だからこそ」の「にもかかわらず」の「自由」といったような、重さが加わるような感じがする。


Robert Wyatt - At Last I Am Free

 

 

なんてことを思いながらBowieの「Lazarus」を再度聞いてみると、「I'll be free」はどんな風に聞こえます?


David Bowie - Lazarus

 

LOOK UP HERE, I'M IN HEAVEN

たぶん去年はもう間に合わなかったのでしょう。

1年分のラインナップは一気に出るので。

今年の「午前十時の映画祭」、12月に『戦場のメリークリスマス』が入っていたので、ずっと前から楽しみにしてました。まだ一度も映画館で見たことなかったので。

 

湿度が高そうな濃い色の森に重なるタイトルバックは朱色の文字。

f:id:ainocorrida:20171210231741j:plain

 

そこから夜の青さの中に浮かび上がるビートたけしの顔。

そう、この映画は始まりも終わりも、たけしの丸い丸い顔だったのでした。

セリアズが「funny face」って表現したアレ。

 

映画館で見ると改めて気づくことも多々。

編集に苦労してそうな箇所とか。

言葉で語られる「ヨノイのその後」エピソードがいまいち効いてこないこととか。

(みんなの化粧に笑う、という段階はもう終わっております。→

 

この映画で我々はBowieの死にゆく姿を見せられる。

f:id:ainocorrida:20171210232235j:plain

 

でも余裕でしょう、これは作り物だから。

 

Princeも映画の中で死んでしまうけれど、これも余裕。

f:id:ainocorrida:20171210232510g:plain

f:id:ainocorrida:20171210232604j:plain

 

 

問題は本人が自分に向けて歌っているようにしか聞こえない歌で、Princeの「Sometimes it snows in April」、D'AngeloはもうTracyという歌詞をPrinceに変えて歌って、自分で歌えなくなってしまってたけど。

ja-jp.facebook.com

 

今の岡村ちゃんはあまりに元気で「成長中」なので、「死」はあまりに遠く思えるけれど、一番新しい曲『忘らんないよ』は、きっと遠い未来、彼が★になった後に聞いたら、号泣だろうな。

萩本欽一に向けて作られたはずだけど、なんだか岡村ちゃん本人宛に聞こえてきてしょうがない。

「春と冬と夏と秋に君がいた」

というサビ。なんで春夏秋冬の順じゃないんだ??TV業界の特番的ななにか?とか思ってたけど、これはここ数年の岡村ちゃんのことじゃないか。

春は全国を、冬は東名阪でツアーをし、夏はフェスに出て、秋にもツアーが被ることもある。

岡村ちゃんがいる季節。

最初の歌詞「あなたの何を許せばいいの? 形あるもの みんな同じ孤独が 寄り添っているのに」も、我々が何度も岡村ちゃんを「許す」立場に立たされた過去があることを思うと、まさに、なのだけど、今はむしろ感謝しかないのにな…と思えることが本当に幸福。それを「忘らんないよ」ってほんと勘弁して…


岡村靖幸「忘らんないよ」

 

すいません、Bowie話がただの枕に…