読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

MOSS GARDEN

遠くからBOWIE仲間が京都を訪れました。

BOWIEの足跡は世界各地にあるけれど、京都(とベルリン)のBOWIEを特別なものと感じるファンは多いのかも。きっとBOWIEにとって、特別な町だっただろうから。

 

というわけで私も便乗して、近いのに一度も行ったことのなかった「ゆかりの地」を巡ってきました。

 

まず「桂離宮」。

Let's GO !

f:id:ainocorrida:20161013100343j:plain

 

Blue, blue electric blue

That's the colour of my room 

Where I will live

f:id:ainocorrida:20161013102115j:plain

f:id:ainocorrida:20161013102630j:plain

f:id:ainocorrida:20161013102715j:plain

f:id:ainocorrida:20161013102906j:plain

f:id:ainocorrida:20161013103942j:plain

f:id:ainocorrida:20161013105228j:plain

 

桂離宮は「立体だ!」と、当たり前のことを言いたくなるほど、構図を考え抜かれて作られた「絵」のよう。

それにしてもコケを踏まないよう、監視の目が光っているのに対し、青い襖の色が日焼けであせている、というほどラフなところもある。写真も撮り放題だし。

Bowieも写真撮ったかな。

 

 

そして「苔寺西芳寺)」。

桂離宮は「庭」だったけど、こちらは「森」のよう。

f:id:ainocorrida:20161013134842j:plain

 

もちろんこれを聴きながら歩いてみる。


David Bowie - Moss Garden (HQ)

 

f:id:ainocorrida:20161013134930j:plain

f:id:ainocorrida:20161013135345j:plain

f:id:ainocorrida:20161013140102j:plain

f:id:ainocorrida:20161013140747j:plain

静かだけど阪急の音が聞こえた桂離宮より、さらに静か。包まれる。

Bowieの琴、なかなかそれらしくて上手かったんだなあ。

 

続いて「正伝寺」。

前回は自転車で雪の季節に行きました。

今回はバスで行ったのでこんなユルイ看板を発見。

f:id:ainocorrida:20161014105825j:plain

 

横の線で出来ているので、「落ち」つく。

静かな空気の中、鳥たちだけが元気に話をしている。

フランス語でガイドをしていた方が、「京都のお寺は全部行ったけどココが一番好き」と言っていた。

f:id:ainocorrida:20161014113741j:plain

この日の空は異様に広かった。

f:id:ainocorrida:20161014123402j:plain

 

普通?は石で作るらしい「七五三」を表すツツジ

これまでこのCMが「正伝寺」で撮られたというの、よく分かってなかったけど、初めて大きな画面でCMを見て、今回やっとこのツツジや縁側?を確認できました。

このyoutube画像では残念ながら暗くてよくみえない…。


David Bowie Crystal Japan

 


DavidBowie 1980 Japan CM

 

あらためてこの辺りのBowieの「シンセサイザー」の音の面白さを確認。

こんな音は、この時しか作れなかったのものだろうけれど、それが良かった。


David Bowie - Crystal Japan