読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

火星に一人

FILM

★から1ヶ月。

重力波の観測成功。

などなどありますが、『オデッセイ(原題:The Martian)』を見てきました。

火星に一人、あなたならどうする?

 


The Martian | Official Trailer [HD] | 20th Century FOX

 

マニアックな映画しか見に行かないと思われてそうな私ですが、リアリティのある宇宙映画は好きで、『ゼロ・グラヴィティ』もちゃんと3Dで映画館で見ておりました。

そもそもは『2001年宇宙の旅(2001: Space Odytty)』が高校時代に初めて見て以降、好きな映画ベスト10に居座り続けているのが原因。

なので、宇宙知識全然なくても、こういう造詣で連想してホクホク。

 

2001年宇宙の旅

f:id:ainocorrida:20091125101705j:plain

 

『オデッセイ』

f:id:ainocorrida:20160212224735j:plain

 

うっ!並べると際立つキューブリック映画のかっこよさ……

 

そしてさらに連想されるのは『地球に落ちて来た男(The Man Who Fell to the Earth)』

 

『地球に落ちて来た男』

f:id:ainocorrida:20160212225159j:plain

 

『オデッセイ』

f:id:ainocorrida:20151003082427j:plain

 

『地球に落ちて来た男』

f:id:ainocorrida:20160212225314j:plain

 

『オデッセイ』

f:id:ainocorrida:20160212225354j:plain

 

 

『オデッセイ』は、主人公がキャプテンが火星に残していった音楽をよく聴いていて、それは全て70年代のディスコ音楽。主人公の「再生」行為を介さずに流れる音楽は、劇判以外だと、David BowieStarman」だけ?これはディスコサウンドの中で異色の音。

これ、知らずに見てたら驚いて泣いてたし、知ってても泣いたし、たとえこの映画を去年見てても泣いてたと思う。

それまでトラブルと失敗続きだったストーリーが、この曲から「へこたれない」モード全開になる。

Bowieの音楽は映画の中でこういう「特別席」を与えられることが多い。

音楽はとりあげられなくても、『24hours Party People』でも『Got Help The Girl』でも、Bowieだけは「特別」扱いだった。

 

*注:この動画は完全ネタバレなので、映画をまだ見てない方は禁止です。


David Bowie - Starman (Full Scene from The Martian)

 

 

あと登場人物の一人、ミッチさんが、なんとなくBowieぽかった。

この役のイメージはBowieだったんじゃないかな〜。

f:id:ainocorrida:20160212234352j:plain

 

 

そういえばこんなの昔作ったのだった。

f:id:ainocorrida:20150419181133j:plain

元ネタ

f:id:ainocorrida:20150419181021j:plain