bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

My 8th January 2017

DAVID BOWIE IS展、初日、行って来ました。

よくばって、ナム・ジュン・パイク展を見てから、と思っていたので、12~14時入場チケットを持っていたので、13時を目指して会場へ。

しかし向かう途中でネットを見てると、どうもすでに開場1時間後には限定アナログは売り切れた、などなどの情報が…

みなさん1時間、2時間と並んでいたらしいのに、そこまで獲得に熱意がないなら、もっと空いてる日にゆっくり来ればいいのに、私、初日にわざわざ何しに来たんだっけ…?と落ち込む。

 

単純に2017年1月8日の私は運がなかった。

私はプレスリーが死んだ日に生まれたので、やはりプレスリーが生まれた日に死ぬんじゃないか、と勘ぐった、というのは言い過ぎですが。

行きも帰りも同じ夜行バスで、それが両方ふくらはぎ用のフットレストがなくて全然眠れず、地図を見て歩いてるのに、何度も道を間違え、1年愛用しまくった★ピアスの片方をどこかへ落とし、雨に降られてカバンの中身がずぶ濡れ、代官山まで写真展観に行くも、写真は良いけど、やっぱ蔦谷書店が苦手でしんどくなり、昼も夜もぱっと入った店がイマイチで…

 

と、終始こんな「たいしたことはない不運」が続いたのですが、ボウイ仲間の方々にお会いできたので気分はとても救われました。

 

 

…あれ?

わたし、BOWIEに会いに行ったのに、なんとなくBOWIE FANに会いに行ったという印象…

初日は終日チケット売り切れで、すごい人だったのです…。

12時入場と14時入場の間の時間を狙って13時過ぎに入ったので、すっすと入ったのですが、どうも正時に入ろうとした人は、外でも中でも行列だったようで、16時頃に外へでると、次の入場を待つ行列。

f:id:ainocorrida:20170108152213j:plain

 

というわけで、今回はもう「ぜんぶちゃんと見る」は諦めました。

空いてる展示をひょいひょい渡りつつ見たり、部屋全体を眺めたりしていたんですが、たぶん2回目以降行くともう得られないだろう「最初の印象」は、「想像していた大きさとの違い」です。「思っていたより大きい」「思っていたより小さい」が、同じボウイが着ていた衣装にしてもあったりして、不思議でした。

映画から想像していた会場のサイズや展示のサイズが違うのは、日本の会場が狭いからしょうがないのですが、なんだろう…靴底の幅とか思ってたより薄い!とか、コカインスプーンが耳かきみたいに小さかったり、でもシリアスの時の衣装は近くで見ても「大きい!!」て思ったり。

 

そんな感じで「空間」を「体感」することに終始してきました。

最後の部屋はまさにそういう展示の部屋でしたけど。

 

私はあまり「モノ」が「本物」であることをそう重視しないのですが、「モノ」じゃなくて、アウラのある「絵」であるミシマ、イギー×2の油絵を見られたのは感激。

イギーの2点は愛溢れる肖像でもありながら、なんだかボウイの一面を描いた自画像にも感じたり。

 

 

さて2017年の1/8は「No Plan」のビデオが公開されたり、


David Bowie - No Plan

 

 

 

WOWOWBBCで新しいドキュメンタリーが放送されたり、情報が多すぎて全然追いついてません。

「今日は一日デヴィッド・ボウイ三昧」はただいま放送中ですけど、一日どころじゃない〜〜〜。