読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

David Bowie byl v Praze.

GWも終わったところですが、私のイベントラッシュはむしろ始まってます。

新喜劇の特別公演も行き、そして昨日は岡村ちゃんのライブへ行って来ました。

正直、最近は普段、岡村ちゃんの音楽を聞いたりしてないんですが(もはや脳内で完全再生可能なので、わざわざ聞かなくても良いという説もある)、生靖幸に身も心も根こそぎもっていかれました。

やっぱり「生」はすごい。

Bowieの「生」を体感できなかった私とBowieとの関係はこれから発展するかなあ…

 

ってぼんやり思ってますが、実は来週ちょこっとチェコ行って来ます。

チェコ自体はもう6回目くらいですが、10年ぶりなので楽しみ。

 

 

Bowieとプラハって何か関係あったけ…と調べると、やはり彼が心臓発作のために途中で中断したリアリティーツアーのライブがプラハだった、ということが一番大きいようで。

それ以前だと、96年と97年にもツアーで訪れてるようです。

 

★Outside Tour(1996年2月3日)場所はプラハ城の北の体育館。

www.setlist.fm

 

★Earthling Tour (1997年6月25日)場所はヴィシェフラトの近くのホール。

www.setlist.fm

 

★Reality Tour(2004年6月23日)場所はホレショヴィツ駅近くのホール。

www.setlist.fm

 

 

いずれも大きな会場だったみたいです。

2004年は中断したといっても1時間以上はやっていたようで、音源はこちらに。


David Bowie 2004 Prague (audio)

 

最後に苦しそうに「ちょっともう無理」みたいなの言うのが入ってます。

あああ…

 

ともかく、87年に西ドイツの壁の横でボウイが行ったライブを、東側の若者がまさに壁に耳を当てて聞いた西の音の象徴だったはず。


デビッド・ボウイ in 西ベルリン

 

東ベルリンではラジオで西側の音楽も聴けたので、いくらレコードが手に入らなくても、届いていたんでしょう。

 

それから壁が崩れて、チェコではビロード革命が起こって…

96年のBowieのプラハ初ライブは、どんな風に受け取られたんだろう。