読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

LAST?

内覧会の様子が昨日今日とTwitterなどで出回ってきて、まあもちろん「関係者」というか、「業界人」ばかりなので、その分考慮して感想を受け止めるとしても、みんなホント満喫してる感じを出してて、ドキドキ……

もうここのとこ毎日「DAVID BOWIE IS展」に行ってます。夢で。

 

 

1年前の1/8は目が覚めてすぐ、この展覧会が日本に来る、というニュースを知って、本当に飛び起きたな〜〜〜。

他の国の人にとっても『★』の発売日だからウキウキな朝だったろうけど、開催決定のニュースがついてきたのはこの島国だけでした。

こういう形での開催になるとは思ってなかったけれど。

 

 

明日BBCで放送されるボウイのドキュメンタリー「The Last Five Years」についての記事が、今日のガーディアン紙に。

www.theguardian.com

 

このドキュメンタリーの監督らのコメントが載ってるのですが、「そうだったのか…」という事実が。

『★』があまりにすさまじいため、Bowieは自分の遺作としてこれを作った、と、そうみんな彼が亡くなったその瞬間に理解してしまったと思うのですが、どうもBowieは『★』制作中はまだまだ病に負けるつもりはなかったみたい。

このラザルスのMV撮影に関する案が出された段階でも。

しかしこの撮影の時にちょうど「もう治療はない」と宣告された、ということ。

もちろん『★』が癌との長い戦いの中で作られたものであることは確かだし、当然死が意識されているだろうけれど、彼はまだまだ次も作ろうと思っていたし、ミュージカル「ラザルス」も続編を考えていたのに、病がそれを阻んだ、ということ。

 

 

てっきり準備万端にして、ばっちりきめた元気な笑顔の遺影まで遺してから★になったと思っていたけれど、彼もPrinceと同じく、まだまだ創作の泉は湧いてたのか…

 

 

ということを考えながら、晴れた青い空の下、「Starman」を聴きながら歩いたりして、涙が出ないはずはないのでした…

 


BBC2 HD 'David Bowie: The Last Five Years' Trail (20") (1080p)

 

めっちゃ見たい。

WOWOWさん、よろしくお願いします!!!

 

いつも秀逸なnacho版Trailer。


David Bowie – The Last Five Years – Nacho’s Trailer - 2017