読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

They fell to us and stayed...

FILM PRINCE

神戸爆音映画祭に行って来ました!

『地球に落ちて来た男』

f:id:ainocorrida:20160717140402j:plain

 

そして『Sign 'O' The Times

f:id:ainocorrida:20160717140658j:plain

 

前者は1975年7月から撮影されたので、Bowie、28歳の時の作品。

後者は1987年5月から撮影されたので、Prince、28〜29歳の時の作品。

 

美しき同い年の2人。

f:id:ainocorrida:20160717141201p:plain

f:id:ainocorrida:20160717141043j:plain

 

どちらのDVDも何度も観てますが、Signの方は今回初めて映画館で、しかも爆音で、ということで相当興奮。バスドラが震動で来るくらいの音響なので、家で観るのとは全然違うし、もうほんとずっと顔が笑った状態、そして何度も涙ぐむ(素晴らしすぎて)、という体験で、終わってすぐ「もっかい!」と子供のように叫びました(心で)。


映画『プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ』予告編

 


Prince - Slow Love

 

『地球に〜』の方は、実は先月京都で爆音上映があったので、そちらでも観ており、映画館で観るのは3度目(1度目は20年近く前)。

京都の会場の方が音響は断然良かったけど、神戸は小さい会場なので、映画世界に入り込めてよかった。そしてさすがにこんなに何度も観てると、これまで「ま、カルト映画だしいっか」と思っていた「意味」を考え始めてしまったり。

これから『地球〜』は全国で公開されるので、新しくパンフも作られたので、購入。

あらすじ、書くの大変だったのではないかな。

原作があるからそうでもないのかな。

少なくとも私はこの映画だけ観て「あらすじ」書けって言われたら困る。

パンフには、解説なども載っていて、なるほどなと思ったのは、これは終始「落ちる」映画、「堕ちる」映画だということ。

ネイサンが娘からもらったブリューゲルの「イカロスの墜落」の絵のことなど、これまであまり気にしてなかったけれど、今回、そういう記号一つ一つが「それなりに」気になってきました。それなり、程度なんだけど…。

だってもうそういうことより、あまりに説得力のあるBowieのたたずまいの方が説得力があるから。

 


『地球に落ちて来た男』予告編

 

 

先週出たMUSIC MAGAZINE増刊号の「プリンス〜星になった王子様」ですが、巻頭が湯浅学で、「プリンスはどこにでもいる」という、空気のごとく「いる」ものだったプリンスが「いない」ことが理解しにくい、という書き出し。そして「プリンスは宇宙。だからいつも、いる」という締めくくり。

分かる。

というかむしろ「もっと」いる。

4月21日以降、「存在感」はますます増している。

もちろんBowieも。1月10日以降、ますます、いる。居る。