読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

But I try, I try

FILM

1ヶ月ほど空いてしまいました…。

やっと『フランシス・ハ』、見てきました!

f:id:ainocorrida:20141010003152j:plain

 

予告編から、完全にBowieの「Modern Love」が、カラックスの『汚れた血』オマージュで使われていることが強調されていたので、大変楽しみにしておりました。

(以前、『汚れた血』について書いたページはこちら→


「フランシス・ハ」予告編 - YouTube

 

この予告編の「Modern Love」が流れ出すタイミングは大変素晴らしいのだけれど、映画では実はこのタイミングではなかった。映画ではこの転けて立ち上がって走っていくシーンはトリュフォーの映画音楽だった。

この作品、こういう音楽の使い方がとても絶妙。

20年前だったら「Modern Love」はダサく、トリュフォーは超クールだっただろう。その両者が今、新鮮!

監督のノア・バームバックは『ライフ・アクアティック』の共同監督だったと知ってなんだか腑に落ちた。

 

主人公フランシスは夢はあるけど要領は悪く、目指す方向での才能もなく、運も悪く空気も読めず…。まずいパリ旅行のあたりは特に他人事と思えなかった。

しかし毎度のプチ不幸にもかかわらず、彼女が「落ち込む」というシーンは描かれない。落ち込んでいる女の子の側にただ居てあげる、というシーンはあるけれど。

フランシスはもう次の場所、次のことを試みている。

そして少し周囲、自分の人生とフランシスの歯車が合いかけてきたころ、中途半端だけどこれから!という明るいラストで流れるテーマ曲。

よし、私も!!!

 

帰り道はもちろん「Modern Love」を聞きながら走りました。

 


David Bowie - Modern Love (Official Video) [SHQ ...