読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

I tell you we must die !

昨年末に私が「Bowie!!!」と意識してから初めての事件が起こりました。

 

新曲!!!

 


Nothing Has Changed collection features new Bowie track - David Bowie Latest News

 

あるいはこちら ↓

デヴィッド・ボウイが新曲「Sue (or In A Season Of Crime)」も収めたベスト・アルバム『NOTHING HAS CHANGED』を11月発売 - amass

 

まだおそらくこれまでBowieが出した「全ての」音源を聞いたことがない(のではないかと思われる…というその確定すら怪しい)私にとって、まだ聞いてないものは「新曲」っちゃ新曲だけど、それを知ったとて、しょせんは私的ニュース。

こちらは世界同時共有オフィシャル・ニュース!(勝ち)

 

と、喜んで更新してしまいましたが、ほんとはここに一つ書こうと思っていたことがあり、しかしまだ資料が手に入ってない(ある意味それも私には「新譜」)ので、その「繋ぎ」として「アラバマソング」の話でも書こうかと…

  

前回、「ベルリン」の話でノイバウテンまで至ったのですが、そこまで行けばあと一歩、すぐ行っちゃうのは、もちろん……Nick Cave、そして…

 

こちらはヴェンダースの映画『ベルリン天使の詩Der Himmel über Berlin)』。

ゴスな雰囲気のNick Cave and the Bad Seedsのライブシーン。ニックの後でギター弾いてる美青年はもちろんノイバウテンのBlixa Bargeld氏。


Nick Cave and the bad seeds-the Carny_ from her to ...

 

Bowieの影響を多大に受けていると思われるNick Caveですが(省略しますが、だいたいこんな感じ→)、ノイバウテンとの関係から82年からベルリンに住んだり。

Bowieの曲をカヴァーしている音源は私は見つけられてないけれど、Nick CaveもBowieも、クルト・ヴァイルの曲を歌っている。

 

まず、Bowieが歌っているのは「アラバマ・ソング」。

ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒト(Bertold Brecht)と、その相棒作曲家の一人、クルト・ヴァイル(Kurt Weill)の作った「ソング」。元々はブレヒトの詩集『家庭用説教集』「読章第四:マハゴニーの詩」に収められていたもので、後にオペラ『マハゴニー市の繁栄と没落 (Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny)』(1930年初演)にも使用された詩。

おそらくこのタイトルをパロディ化したのがジギーでしょう。

(参照:田中純『自殺するロックン・ロール:デヴィッド・ボウイ試論→PDF

 

こちらはヴァイルの妻である女優のロッテ・レーニャの歌唱。

 


クルト・ワイル「アラバマ・ソング」ロッテ・レーニャ - YouTube

 

 

歌詞は元々ブレヒト自身が英語で書いたそう。

The Doorsが「Whisky Song」として1967年にカヴァーし、大ヒットしたそうだけど、


The Doors - Alabama Song (Whiskey Bar) Live ...

 

正直、物足りない。かわいい。ベルリンのいかがわしい雰囲気がない…!!!

You Tubeを漁れば数々の雰囲気ある「しゃがれ声」の女優(歌手)らの歌が聞けます。

こういう、もっと色っぽくて狂ってて気怠い感じで歌っている男性は…

 

いた!!笑


David Bowie - The Alabama Song - YouTube

 

というわけで、Bowieのアラバマ・ソングはだいぶ好きです。

 

彼も出たら良かったのに!(そしたら私ももっと早くBowieにハマってたのに!)、と思われるのが、映画『9月のクルト・ヴァイル(September Songs)』(1995)。

私は公開当時、劇場で見たので、パンフレットも手元にアリ。

1985年に『Lost In The Stars: The Music of Kurt Weill』という、トム・ウェイツルー・リードらが参加した企画アルバムの10年越しの映画化。

 

アラバマ・ソング」はDavid Johansen(元New York Dolls) らが演劇チックにカヴァー。


ALABAMA SONG - YouTube

 

そして『三文オペラ』からの有名曲「マック・ザ・ナイフ」を歌っているのが、Nick Cave!


Nick Cave on September Songs - YouTube

 

この辺のベルリンぽい映像の雰囲気はファスビンダーが撮ったTV映画『ベルリン・アレクサンダー広場』(1980年)を意識してそうな感じ。

 

TV映画!あるいはブレヒト!ということで次回へ続く…。

 

とりあえずせっかくの9月。

同じ映画からこの歌も。

もうこの人の「新曲」は聞けない。


Lou Reed on September Songs - YouTube