読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bowie note

David Bowieをキーワードにあれこれたどってみるノート。

Remember to dance, dance, dance.

少し日が経ったけれど、こんなニュースが。

 

 

デヴィッド・ボウイ 新曲を「まもなく」発表 - amass

 

元のNMEの記事はこちら

David Bowie confirms new music will be released 'soon' | News | NME.COM

 

 

 

ほんとかな〜〜

とりあえず本人のものと確認されたらしいコメントはこちら

 

"This city is even better than the one you were in last year, so remember to dance, dance, dance. And then sit down for a minute, knit something, then get up and run all over the place. Do it. Love on ya. More music soon. David"

「この街は去年の街よりもずっと良い。だから忘れずにダンス、ダンス、ダンス。それから腰を下ろして何かを編み、また立ち上がって走り回れ。やってみて。

愛をこめて。もうすぐまた音楽を。ディヴィッド」(拙訳です)

 

活動50周年を記念するチャリティーイベント(オークションなど)に寄せられたものらしいので、「this cityってどこ?」とか文脈がよく分からなかったけれど、考えているうちに、これはどこでも良いし、私たちが住んでいるそれぞれの場所、いや世界のことなんじゃないかと思えてきた。戦禍やあらゆる状況を見てみると、地球のどこも去年よりも良いことはないでしょう、おそらく。しかし去年より悪いと口にすることには意味はなく、たとえ悪くとも、そこに暮らす人々の意識が変化しているのであれば、良い方向へ向かっている。なのでとにかくこの身体をリズムに乗せること、じっと何かを作ったり書いたりすること、そして再び外へ出て行くこと。そうする以外に何がある?という話で。

ここにもまたDavidの新しい音楽が届くというのであれば、私もまた何かをどこかに届けなくては。

 

 

Bowieの日本公演では1978年のものが一番行きたかったけれど、まあもう生まれてなかったり赤子だったり、という時期のものは諦め付くんだけど、現時点で最後の日本公演だった2004年3月11日の大阪城ホールに行かなかったことは、思う度に悔しい。どうしてあと10年早くBowieに目覚めなかったのか!!!

同様にJoe Strummer & The Mescalerosの最後の日本公演になった2002年10月1日、新宿リキッドルームも。どうしてあと12年早く目覚めなかったのか!!!。私は一度だけあの高層ビルの上のリキッドルームに行ったことがあり、調べると同じ2002年8月28日のDCPRG w/くるり だったので、悔しさ倍増。

 

Joeはその最後の日本ライブのすぐ後、2002年12月22日に急逝してしまい、この世でライブを見ることは叶わなくなったけれど、Bowieはまだ存命なのだから、どうにか会えることをホントに祈っている。

 


DAVID BOWIE - ALL THE YOUNG DUDES - LIVE ...